2011年02月20日

子どもたちの作品を見に!

110220-1.jpg
今、EXPOエコマネーセンター(金山)では
名古屋市環境白書 表紙絵応募作品」を展示しています。

今日は、すてきな作品をかきあげてくれた[そうあ]君(上の写真)が
お姉ちゃんやお父さん・お母さんと一緒に、
[たろう]君もご家族でセンターに足を運んでくれました。
(下の写真、妹の[あい]ちゃんと)
110220-2.jpg
力強く「ライオン」や「くま」、それにかわいい「ウサギ」などをかいてくれた二人。

ヒーローが好きという[そうあ]君に、好きな動物はとたずねると「ヘビ」という
お父さんもビックリのこたえ。
「たろう]君は動物園で見たライオンがとてもこわくて泣いたのをおぼえていて
色までは思い出せなかったけど、とにかく大きかったのが印象に残っていて
思い出しながら大きくかくのが大変だったとのことでした。

偶然かもしれませんが、実は今展示されている36枚の作品のうち、
「ライオン」や「くま」をかいているのは[そうあ]君と[たろう]君ともう1人だけ。
他は「魚」や「草木」「昆虫」、「鳥」や「ウサギ」「キリン」などで
肉食系の動物をかいた子どもたちがホント少ない・・・。         

これも、今の時代の環境を表しているのかなぁと思うとともに
二人の作品を見てなんだかちょっと安心しました。

ちなみに[そうあ]君のお姉ちゃんにも「何か家でかってたり、育てたりは?」とたずねると
「すぐ枯らしちゃったけど前にマリーゴールドを」と話してくれました。
「枯れちゃった」ではなく「枯らしちゃった」と使ったその気持ちを
このまま大事にしてもらいたいですね。

子どもたちがかきたくなる生き物の種類がどんどん減っていかないように
大人たちもできることはなんだろうと考えさせてくれたりする、展覧会。
3月20日まで実施しています。ぜひみなさんご覧下さいませ。
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 21:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。