2011年05月15日

なおしてエコ!No.2

110515.jpg
突然ですが、皆さんは愛用している腕時計はありますか?
私は今、自分の腕時計をとても気に入っています。
そんなに高価ではありませんが、恰好よくもあり可愛いらしくもあり、老若男女問わず多くの人に褒められる自慢の腕時計です。

この腕時計、ベルトの部分がプラスチックのコマの連なりで出来ています。
先日そのひとつがいきなり取れてしまい、壊れてしまいました。
修理に出そう!と思ったのですが保証書を探しても見つからず、とても焦りました。
プラスチックで出来ているため替えのベルトを丸ごと探すわけにもいかず、あまり出回っている時計ではないためコマだけを探すのも至難の業でした。この時計を扱う数少ないお店に相談しても保証書が無ければ高額の修理代がかかると言われる始末。

そんな中、私は地元のとある時計店を訪れました。このお店は初老の男性がひとりで営む小さな時計店であり、藁にもすがる思いでそのお店を訪れました。
店内の置時計を丁寧に拭いて回っていた男性は、私の話を聞いて笑顔で対応してくれました。

時計を預けて数日。私の元に修理可能との連絡が入りました。
聞けば、その男性が持つ他の店舗にいくつか掛け合ってみたところ、運良く同じ型の部品を手に入れることができたのだそうです。
再びお店に行くと、私の腕時計はすっかり直っていました。しかもとても良心的な価格でした。
とても嬉しかったので心からのお礼を言うと、
「若い人なのに、そんなに時計を大切にするなんて珍しいですね。相当お気に入りのようでしたので私も是非修理してあげたくて頑張りました。」と言われました。

以前の日記でも紹介したように、 “ひとつのものを大切にする”ことは私にとって当たり前の習慣です。腕時計ひとつとってみても、壊れてしまって諦めたり、買い直したりするのは勿体無いですよね。そして、修理して使うのが当たり前、と言わんばかりに常日頃から部品の品揃えを良くし、修理して下さったその時計店に温かみを感じました。
[たまい]


posted by エコマネーセンター at 23:54| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。