2012年10月24日

レンタルビジネス

121024.jpg
私リージェ、最近ミキサーを見に家電製品店に行ったんですが、
「果たしてこのミキサー、いったい何回使われるのだろう?」
なんて思っているうちに、とりあげてみたくなったのが「レンタルビジネス」
エコな意味でも注目しています。

「レンタカー」もそのひとつ。
大型集客施設、例えば遊園地やアウトレットパークにたくさんの友達と行くのに
環境的に一番いいのは公共交通を使ってですが、
大勢が乗れる車をかりて皆で集まって少ない台数で行く。
レンタカー屋はもちろんですが、集客施設側も効率よい駐車場運営など経営的メリットが。
実際こうした場合、その施設で使える割引券を出しますというレンタカー屋もあるみたいですね。

「うちの屋根貸します。」
太陽光発電やりたいけど家の構造上できないご家庭は利用しませんか?なんてのも
既に始まっているこれからのビジネス。
自分で太陽光パネルの購入は難しいが、逆に場所貸しで収入をという家庭や企業があるようで。

「地域活性化にからんだレンタル」で
地域の商工会の人などが厳選したその町らしい仕事道具を「○○町セット」として一般の人に
レンタルで使ってもらい、町に関心をもってもらうきっかけにというのはどうなんでしょう。

例えば瀬戸なら、ろくろとミニ焼き釜を貸しますとか、
豊橋なら筆作りしてみませんか、材料は購入になりますが、道具はレンタルできますなど。
守口漬けに自宅でチャレンジ、つくるためのマニュアル送ります、桶などレンタルできます。
マニュアルに材料購入のための地元のお店や農家のPRをつけて・・・。

みなさんもこんなのが「レンタル」になったらいいのにと考えてみてはいかがでしょう。
そこに「エコ」や「ビジネス」のヒントがあるかもしれませんよ。
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 22:48| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。