2007年01月21日

グリーンマップの本!

070121.jpg

今日はEEMセンターの交換商品の1つ「エコ・コミュニティへの道しるべ  あいちのグリーンマップ」を
ご紹介します♪

昨年夏(7/22 8/15 8/22など)の日記にも登場したグリーンマップ!

グリーンマップとは、
自分たちが住んでいる街の環境にいいところや悪いところをそこに住む市民が調査して、世界共通のアイコン(絵文字)を使って環境マップをつくる活動です。

この活動の面白いところは、皆でワイワイやりながら自分たちの主観でアイコンをつけられるところ。

例えば、公園という場所ひとつとっても、「子供にやさしい場所」、「すばらしい景色(がある場所)」、
「名木(がある)」、ゴミが多いので「環境荒廃地区」など、いろいろなマークがつけられます。
使い方によっては家族で「我が家には安らぎの場所がいくつあるかな?調査」といったマップも作れます。

今回紹介しているこの本は、
万博をきっかけにひろまった愛知のグリーンマップ活動の成果と実績をまとめたもの。

海や学校の授業、職場で使ったグループなども紹介されています。地域の活動なので、みなさんの街でもこんなことをやっていたのかとか、知り合いが写真に写っていたなんて発見があるかも。ちなみに探していくと私やなかやま君も写っています。

グリーンマップについて興味を持った方はもちろん、万博の地球市民村や瀬戸愛知県館に出展していたときの様子も写真入りで載っていますので、記念にという方はお求め下さい。40ptsで交換できます。
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 21:17| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。