2013年02月11日

商品の思い出

130211.jpg
EXPOエコマネーセンター(金山)の閉館が近づくにつれ、
よく“思い出”が頭をよぎるようになってきた勤務7年目の[リージェ]です。

ただいまキャンペーンを実施していますが
復活や新しく登場した商品にも、それぞれいろいろとエピソードを思いだしたりします。 

「地球市民村の本」は、
愛・地球博の同パビリオンで出展した30のNPO・NGOの活動をわかりやすく紹介した内容。
ある学校から教材に使いたいので大量に寄贈してくれないかと、問い合わせがありました。

「生分解性プラスチックの本」には
育苗ポットや植木鉢のごみは、付着した泥などが処理施設で負担となる
(だからポットごと土に埋められるこの素材として使える)という内容が印象に残ってますね。

蛍光管を再生してつくった
「丸タンブラー」「丸オールド」「サラダボール」のe-glassシリーズは
日本初のエコマーク認定グラス。気泡もあえて取り除かずデザインにいかされています。
音楽好きな私はこれで一度音を奏でたことがあります。ただ演奏家としては下手なので
そのときは「キーン」と澄んだ音でなく、「パリーン」という音になってしまいました。
みなさんも取扱にはご注意くださいませ! 

交通エコポンのマスコット「エコポンくん」がついた携帯電話クリーナーは
ご年配の方がよく交換していかれるのをみて、なんだか時代を感じますね。

交換商品にまつわる一番の思い出は「貯金箱」ですかね。
カウンターにおいてあった見本品に来館されたお子さんがお金をいれてしまい・・・
瞬間「あっ!」っと叫んだのをよくおぼえています。

思い出にということで「Thanksタンブラー」を交換されていく方も多くみえます。
皆様にそう思っていただけることに、感謝を重ねています。

[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 23:00| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。