2007年11月13日

未来へつなごう

071113.jpg

昨日は、いよいよ北風の季節も、すぐそこに来てるんだなと
思われた方も多かったんではないでしょうか?

昨日お休みをいただき、古都奈良へ出かけてみました。目的は毎年一回、この時期に開催される
「正倉院展」です。ここ何年来の願いが叶ったことに大きな感謝の一日でした♪

時を越え、古の文化にふれることは信じられないほどの感動でしたよ!
聖武天皇の遺品、そして数多くの宝物、さらには一般の人の作業着まで、
約1300年前の都の文化を、とても優れた状態で、
今ここに見ることができることは素晴らしいと鳥肌がたつ思いで、周ってきました。

見ていても、シルクロードを渡って伝わった文化の交流があったことは確かで、まさに「正倉院」は
日本だけではなく、“世界の宝庫”なんですね♪

また、これも長い歴史で、文化財の保存・修復に力を注いでいる多くの縁の下の力持ちの人々が いるということも、わたしたちは忘れてはいけないと思いましたよ。

今の地球の大きな環境問題も、長い長い歴史を思えば、わたしたちがそれぞれに生きている場所で、
できることを意識することが必要なのでしょう♪難しいことは考えないで・・・

ところで話は変わりますが、ここ金山EXPOエコマネーセンターの片隅で『パキラ』の鉢が静かに 見守ってくれていますが、昨年の8月のエコマネーセンター日記で「いしいちゃん」が紹介した “新しい芽”も今は写真のように大きく成長していますよ♪
こうして、葉は生まれ変わっても、樹は生き続けているんですね。

EXPOエコマネーセンタースタッフ一同も、みなさんに支えられ、そしてこの『パキラ』に見守られ、
持続可能を願い、頑張っていますのでよろしくおねがいします し^−^)
[やまなか]



posted by エコマネーセンター at 18:32| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。