2008年03月24日

植樹しました!

080324_3.jpg

みなさん、こんにちは♪
イベント疲れもなんのその!今日も朗らか&ふくよか『なかやま』です!

今日は、3月16日(日)に瀬戸で、昨日、3月23日(日)には長久手町で植樹をしたので、
その報告を日記にしたためたいと思います。

まずは瀬戸!
植樹した場所は北丘スポーツ公園、絶好の天気に恵まれて、一般参加者と地元住民の方たちにクロガネモチ・レッドロビンあわせて100株を植えていただきました。

セレモニーでは、シンボルツリーとして植えられた「ケヤキの木」の根元に、名古屋学院大学瀬戸キャンパスのミミズコンポストで作られた肥料を提供してもらい、まきました。この肥料は、去年、名古屋学院大学の大学祭で出た食物残渣(食べ残し)を元につくられたものです。

名古屋学院大学は去年の大学祭で、自分たちで集めたポイントを大学祭の来場者に還元するという試みを実施し、さらに残ったポイントを瀬戸市に寄付しました。そのポイント数は2005ポイント以上にもなったので、2005ポイント植樹証を贈呈しました。

お昼には、地元住民の方からの豚汁がふるまわれました。午後からは名古屋学院大学の学生たちによる牛乳パックを再利用した「紙すきのワークショップ」などを実施しました。

地元住民の方たちと参加者の方たちとが、午前の植樹・昼休憩での豚汁のふるまい・午後の催事を通して、コミニュケーションをとっている姿に顔がほころびました(*^-^)ニコ

080324.jpg

次に長久手!
植樹した場所は4月に開校する「長久手町立市が洞小学校」です。その開校プレイベントとして、この学校に編入予定の西小学校・南小学校のお子さんらに、フッキ草等の常緑性の低木や多年草などを、正門前緑道へ植え付ける作業を行ってもらいました。

この長久手の地元還元のイベントは名古屋学院大学と同じく去年の大学祭で自分たちのエコ活動で貯めたポイントを還元した愛知淑徳大学長久手キャンパスの学生たちがいろいろとお手伝いをしてくれました。

午後からは、リサイクル容器を使ったエコ工作、通学路を実際に歩いて環境にいいところ悪いところを調べ、世界共通のアイコン(絵文字)を使って描く環境マップ「グリーンマップ」づくり体験をしてもらいました。

正門前緑道に植え付けられたたくさんの樹木は、とても壮観です(*‘▽’*)わぁ♪
みなさんも一度、機会があれば見にいってみてくださいね♪

これで、去年の日進市に続き、瀬戸市・長久手町にも地元還元をさせていただきました。
この事業は“あいち発”エコマネー・リニモ沿線モデル事業で新設された「各市町への寄付」で受付けられた、ポイントを使って実施されました。

今後も引き続き、「各市町への寄付」の受付は行いますので、ぜひ、ご協力くださいm(_ _)m

「各市町への寄付」は

EXPOエコマネーセンター(アスナル金山1F)
海上の森エコマネーセンター(あいち海上の森センター1F)
瀬戸蔵エコマネーセンター(瀬戸蔵1F)
長久手Nピアエコマネーセンター(アピタ長久手店2F)

の4ヶ所で受付けております!みなさんの手でみなさんの市町の緑を増やしてみませんか?
[なかやま]


posted by エコマネーセンター at 19:25| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。