2008年04月16日

意外なつながり!?

080416.jpg

今日は何の記念日かご存知ですか???
1876(明治9年) 7月から1877(明治10年)5月まで日本に滞在し、
「少年よ、大志をいだけ」という、有名な言葉を残したウィリアム・スミス・クラーク(クラーク博士)が、
札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の教頭を止め、北海道を去り帰国した日で、
それにより4月16日は【ボーイズビーアンビシャスデー】となったそうです。

クラーク博士が残した「少年よ、大志をいだけ」という言葉は、日本でも今現在テレビや雑誌などでも
幅広く使われ、聞いた事のない人はいないのではないでしょうか!?
また、クラーク博士はそれだけではなく、日本人のある大好物も滞在期間中に広めたそうです。
その食べ物は“カレーライス”なんですよ!!

あくまで、クラーク博士がカレーライスを広めた説があると言うだけで、100%そうだと言い切れないのですが、日本に大きな影響を与えてくれた、外国人の1人だと思います☆★☆

話しを戻しまして、クラーク博士が日本で学生達に教えていた科目を知っていますか???
私は全然知らなかったんですが、 “自然科学”なんですよ。
自然科学を簡単に説明すると、科学的方法で一般的な法則を導き出し、自然の成り立ちやあり方を理解し、説明・記述する学問の事です!!
(ちょっと今回はマジメな日記を書きすぎかなぁ・・・・・・・・。)

つまり、自然とはどうあるべきかを説き、小さくは素粒子から大きくは宇宙まで含まれ、生物やその生息環境も対象となり、もちろん生物として人もその中に含まれています。

そう考えると、EXPOエコマネーと同じ「環境」という大きな括りでクラーク博士と
深くつながっているような気がしてきますね!!

今日の日記は少し難しい話をしすぎましたねぇ・・・・・
自分で書いていても頭を使いすぎて頭痛がしてきます。
でも、今日は完全燃焼できたかな!!
(今度のシリーズは「世界のエコな人」をテーマに書こうかな。)
[あべ]



posted by エコマネーセンター at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。